ヴォイスアウト理論をお手軽に

1回3分言うだけ!起こる出来事が変わる

ヴォイスアウト理論の考え方&やり方

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
1回3分言うだけ!起こる出来事を変えるヴォイスアウト理論創設者の明石眞綸です。 明治天皇の玄孫さんから9年間教わった哲学を基盤に、量子物理学・脳科学・言霊の力をミックスさせることで、すぐに起こる現実を変えられ体感できるようにしました。 早い方で、ヴォイスアウト終了後、何秒後に体験される方、ゆっくりな方で2週間以内で変化を感じていただけます。
詳しいプロフィールはこちら

ヴォイスアウト理論に興味はあるけど「本当に効果があるのかな?」「どうしてそんなに結果が出るのかをちゃんと知りたい」という方のためのページです。

脳科学でわかっていること&有料の勉強会でお話をし、実践していただいたところ参加者全員から「良い出来事が起きた!」と連絡がきている方法をお伝えしちゃいますね♪

 

ではいきます!

 

私たちは、自分で気づいているか?いないか?は別として

 

というのが、アメリカの心理学を研究する大学で公表されたことです。

安心して暮らせるようになったのは、ここ50年くらいの話でそれまでは狩りをしたり、治せない未知の病気、火事、戦争・・・いつ命が脅かされるかわからないという歴史を繰り返してきています。

 

もし「あははー♪どうにかなるさー」と言ってたら、そのとき死んでます。

 

ご先祖さまは生き残るためにいつも

「危ないかもしれない!」

「死ぬかもしれない!」

「逃げないと!」

という不安や恐怖心、焦りなどから危機管理能力を身につけていました。

 

生物学的な部分なのですが、私たちのご先祖さまたちはネガティブ(不安や危険、恐怖)を先回りして考えて、回避をしてきたから命がつながれ、私たちが生まれることができたのですねー。

何百年と危険の中で生きてきた歴史があるわけですから、ここ数年で安心な生活ができるようになったからといって、突然考え方や捉え方を変えることは無理なお話なのです。

 

そして

 

という計算になります。

自分では気づいていないかもしれませんが、私たちは常にネガティブなことを考えています。

さらに、またまた気づいていないと思いますが

前日考えていたことを翌日も9割以上考えているんです。

ということは、私たちは気づいていないかもしれないですけど、毎日ネガティブなことを考えてしまうわけですね。

 

そこで引き寄せや自己肯定感、自信の作り方を教えている人の多くが

「だからポジティブな言葉を言って、良いことを引き寄せよう!」

「イヤなことがあっても、ポジティブに変換しましょう!」

「良い言葉を使おう!」

とお伝えしてると思うんですね。

 

ですがアメリカの心理学者たちは「私たちがポジティブに考えることは不可能だ」と言っています。

私も「私たちがポジティブなことを考えるのは無理だ」と思っています。

 

「幸せ」「楽しい」「嬉しい」と言ってたら、そういう現実が来ると言いますが、私たちの脳は自分が気づけない間にネガティブなことを1日48000回考え、翌日も9割同じことを考えてるわけです。

すると何が起こるでしょうか?

 

『「幸せ」「楽しい」「嬉しい」と言ってるのに良いことが起こらない!』

『全然、良いことがないのに、どうして「幸せ」「楽しい」「嬉しい」って言わなくちゃいけないんだろう?』

『「幸せ」「楽しい」「嬉しい」と言ってるのに良いことが起こらないのは、私が悪いんじゃないか』

 

と思い苦しくなってしまい、自己肯定感が下がったり「やり方が間違ってたんじゃないか?」と新しい方法を探しに行ってセミナージプシー、自己啓発本ジプシーになります。

世の中にたくさんの自己啓発本が売れているのに、幸せになれない人が多いのはこれです。

 

意識して良い言葉を言って、良いことを脳にインプットさせる。

一見合ってるように見えますが、私たちには「感情」が存在しているんです。

 

普段からウソをつくことも気にならないサイコパスの素質を持っている、または良いいい方をすると楽観的でとくに物事を深く考えないでいられるひとは

思っていないことを言い続けても、あまり気にならないので「楽しい」「幸せ」などを言い続けることができるでしょう。

 

ですがそうではない場合は「どうして思っていないのに言わなきゃいけないんだろう?」「ウソはよくないよ」と自分が言うウソに苦しみと罪悪感を覚えてしまうのです。

だって子供の時から「ウソはよくない」「ウソはついたらダメ!」と言われてきましたよね?

マジメに生きている人、完璧主義、良い人ほど、思っていないのに「幸せ」「楽しい」「嬉しい」と言い続けることはウソをつき続けることになるので、自分自身のことを嫌いになっていきます。

 

「幸せ」「楽しい」「嬉しい」って良い言葉のカテゴリーに区分けされますが、使い方次第では自己肯定感を下げてしまうんですね。

良い言葉を使うことよりも、悪い言葉を使わないことよりも、もっと大事なことは「使い方」です。

ハサミや包丁も、料理や何かしらを切るのに便利だけど、使い方次第では人を殺すこともできる。

これと同じ。

このベストな使い方を知らないってもったいないですよねー!

 

ヴォイスアウト理論では、

 

「1日、48000回ネガティブなことを考えてるし、翌日も9割前日と同じことを考えてるんだから、そりゃネガティブはあるよね」

 

というのが前提です。

なので自分にとって、「嬉しくない言葉」「笑顔になれない言葉」「幸せを感じられなくなる原因になる言葉」が頭の中に浮かんだら、それを自分の脳の中から出しちゃおうよ!って。

 

 

それにヴォイスアウトと名付けました。

「脳の中に沸いた声を自分の外に出す。」これがヴォイスアウトです。

 

ヴォイスアウトは頭に浮かんだネガティブなことを3分間、口に出して言うこと。

 

 

「いつも怒られてイヤだ!」「怒られたくない」と思っているなら、「いつも怒られてイヤだ!」「怒られたくない!」をヴォイスアウトする。

「パワハラされてムカつく!」と思っているなら、「ムカつく!」「あの言い方ムカつく!」をヴォイスアウトする。

「無理なことを押し付けられた」と思ってるなら、「無理無理無理!!!」「できないできない!」とヴォイスアウトする。

 

 

3分間、口に出して言うと自分の中にあったネガティブな言葉が減ります。

すると起こる出来事が自然と変わるのです。

急に優しくされたり、笑顔で接してもらえたり、パワハラしてくる相手が突然謝ってきた・・・。

できないと思ってたことがカンタンに出来てしまった!なんてことが起こります。

 

思ってることを言えずガマンしてる人ほど、効果がすぐに出るのがヴォイスアウトです♪

 

ヴォイスアウトは、とってもカンタン!

頭に浮かんだ自分にとって「嬉しくない言葉」「笑顔になれない言葉」「幸せを感じられなくなる原因になる言葉」を3分間口に出しちゃえばいいだけ!

 

もし3分で足りない!と思ったのであれば、さらに追加して5分でも10分でもオッケーです。

ヴォイスアウト理論の勉強会に参加され、やり方を知っただけで参加者全員が早い方で1分後、遅い方でも10日以内に良いことが起こるのですが

これは偶然でも、キセキでもなく脳の仕組みを理解し、正しく活用してるから。

 

 

「無理やり、思っていないけど意識してポジティブに変換させる。」は無理がかかるので、不自然な結果が生まれます。

私たちの世界はいくら科学が発達し、便利になっても自然界には逆らえないですんです。

不自然なやり方には、不自然な結果が生まれる。

自然なやり方には、自然な結果が生まれる。

ただそれだけ。

 

生きる上でネガティブが必要だったから、「ある」のにないものにすることが不自然なのです。

 

さらに、ヴォイスアウトをすることで自分の中に存在していたネガティブな考えを自分の外に出してしまうので、脳に空白ができます。

そこに叶えたいことや「こうなったらいいなー」と思っていることを言うと、スッと脳にインプットされ、その出来事が起こりやすくなるんですよー♪

 

11月2日の勉強会に参加された方が11月9日の勉強会にもリピートで参加してくださり、

「ヴォイスアウトした後に、こうしたい!と思ってたことも言ってたら、たったの1週間で出会う人が変わって、ビジネスが大きく展開したの!」

とたった1週間の出来事です。

 

本当にヴォイスアウト理論でお伝えしていることを実践していただくと、ありえないくらいスピードが速い!

 

脳の中に「ネガティブがある」のに、無理やりポジティブを見ようとしたり、考えてたり、口に出しても気づかないところで考えている48000回のネガティブにかき消されて終了です。

「ネガティブがある」のを認めたくないかもしれませんが、ご安心ください。

生存している人たち全てが1日60000回思考し、8割の48000回ネガティブを考え、翌日も9割同じことを考えているので、みんな同じです。

 

自分だけがネガティブなことを考えているわけではありません。

ヴォイスアウト理論を作った私でさえもです。

むしろ私は、誰よりもネガティブが強かったからこれを解決するためにどうしよう!?と20年以上試行錯誤して見つけた方法がヴォイスアウト。

ヴォイスアウトという方法に、脳科学や量子物理学、言霊などをミックスさせ理論立てているために、「理論」をつけ、ヴォイスアウト理論と命名しました。

 

ヴォイスアウトをして、自分の中にあるネガティブを出すと、自然と起こる出来事が良い方に進みます。

もっと詳しくお話させていただく勉強会は随時開催しています。

LINEから勉強会のお知らせをしていますので、ご参加希望の方はLINE登録をされてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
1回3分言うだけ!起こる出来事を変えるヴォイスアウト理論創設者の明石眞綸です。 明治天皇の玄孫さんから9年間教わった哲学を基盤に、量子物理学・脳科学・言霊の力をミックスさせることで、すぐに起こる現実を変えられ体感できるようにしました。 早い方で、ヴォイスアウト終了後、何秒後に体験される方、ゆっくりな方で2週間以内で変化を感じていただけます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ヴォイスアウト理論公式サイト , 2021 All Rights Reserved.