申込み

思っていることを口に出すだけ! 脳科学と言霊の力で嫌なことがなくなり自信がついて世界一カンタンに幸せになれます

【必見】気づかない無意識にやっていることを意識できるようになる方法

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
キーワードを言うだけで、起こる現実が変わる!Voice Outを主催しています明石まりんです。 いじめ体験、親からのネグレクト、大病、精神疾患を経験。 25年かけ、どうしたら安心して楽しく心穏やかにくられるのか?を仮説→実験→検証→分析を行い、Voice Outを生み出しました。
詳しいプロフィールはこちら

自分では「良いことを考えよう」
と思っていても、私たちの脳は

 

【80%ネガティブに思考する造り】
になっていることが
アメリカの大学での研究でわかっています。

 

詳しいことはこちらで♪

ポジティブ思考は余計に苦しみを生むだけ!脳の仕組みを知ればネガティブ万歳!

 

ネガティブなことを思考していることは
言葉でも表されることがあるんですね。

 

その言葉は

 

できない、無理、だって
わからない、でも
しょうがない、こんなもんでしょ

 

と言う言葉を使っていると
上手く行きづらい人生を過ごすことになります。

 

ただこれらの言葉を
「自分が話してる!!」
「考えてます!!」って認識できている人は
ほとんどいません。

 

私のセッションやセミナーでは
参加をしてくださっている方に

 

【できるだけ話題をふって喋ってもらう】

 

ということをします。
それは、話してもらうことで
その人の中に

 

「どんな無意識があるのか?」

 

がわかるんですよね。
それをしてきてよく言われることは

 

「考えたことないから、わかりません」
「しょうがないですよねー・・・」
「どうせ、無理ですから」

 

趣味の場所で知り合いになった人と
いろいろ話をしているとよく聞くのが

 

「世の中はこんなもんですよ」
「何がやりたいのかわからないですし」

 

です。

 

昔の私も、こんな言葉を使っていたんですよね。
上記以外の言葉も含めて・・・。
そして、ちゃんと言葉通りの人生を送っていた。

 

「言葉が現実を作るんですよ」

 

とセミナーや本で言われたけど、
どんなにアファメーションを唱えても
良い方に人生が変わることはなかったし

 

繕って、良い言葉を使うことはできましたけど
余裕がなくなり焦りが出てくると
本音が出るっていうんでしょうか?

 

自分が不利になるような言葉を使っていました。

 

「どうせ、誰も話をきいてくれないし!」
「お金がないよ!支払いができなかったらどうしよう!」
「失敗したらどうしよう!」

 

「どうせ、私を利用する気だ!」
「どうせ誰も私のことなんて理科してくれない!」
「だって、無理に決まってる」

 

こんな言葉を無意識のうちに使って
人から

 

「そんな言葉を使ってるから上手くいかないんだよ」

 

と言われたことに対して、イラついて

 

「は?!
本当にそうなのに、
どうして言っちゃいけないの💢?!」

 

と言い返したり

 

「じゃあ、なんて言えばいいんですか?」

 

と質問したことも何度もあります。
ですが、
「こう言えばいいんだよ」と明確に
答えてもらったことはなかったんですよね。

 

なんか本当、苦しかったんですよ。

 

変わりたいのに、何をしても変われなくて。
いいと言われることはやってきたのに
思うような変化がなくて・・・

 

言葉が悪いと言われても、
なんて言い変えればいいのかわからなかったですし

 

そもそも・・・
【全然上手く言ってない】という事実があるのに
思ってるネガティブなことを言うと

 

「良い言葉を使いなさい。言ってる通りになるんだから」
と言われる。

 

だからアファメーションを言う。
でも、全く上手くいかない。

 

「あぁ!!もうっ!!
どうしたらいいかわからない!!」

 

って余計に、おかしくなりそうでした。
答えを探しに行けば行くほど、
気が狂うかと思ったことがあったんです。

 

そうなった時に
誰かとか、何かとかじゃなくて・・・

 

【どうやっても上手くいかない自分】

 

に、とてつもなく腹が立って
自分にブチ切れたんですよね(笑)

 

「てめー!!コラァー💢!!
ざけんじゃねーぞ!!」

 

って。

 

ブチ切れてるから、歯止めとか効かなくて
思ってること言いまくって、
悔しがりまくったら鼻水出て、
鼻水垂らしながら泣きまくって・・・

 

「もう出ないわ!」

 

ってくらいまで、涙も怒りも鼻水も
出しまくったら
すんごくスッキリしたんですよ。

 

さっきまでのモヤモヤや怒りは
どこに行ったんだろう?って思うくらい。

 

そしたら、悩んでたことがすんなり解決してた。

 

こんな体験を私は何回も
無意識のうちにしてたんですよね。

 

そして後から、自分と向き合った時に
「良い言葉を話すことを頑張るよりも
ストレスを溜めないで出すことのが方が大切だったんだ」
って気付いたわけです。

 

だけど、気付いた後にまた思ったのは

 

【ストレスを感じる生活の中で生きるのが当たり前だったから、
ストレスが溜まっていることにさえも気づけない自分】

 

がいることを発見しました。
もうずーっとガマンしてるから
麻痺しちゃってるんですよね。
その当時の好きな言葉は

 

気合と根性、そして努力!

 

でしたから(笑)
いつも気づかないうちに自分を追い込み
「成長するため」の名目で自己否定をし
毎日、3時間睡眠で頑張り

倒れるまでやって、1日寝て、また翌日から追い込む!

 

「中途半端」って言葉が嫌いだったので、
全てに対して、徹底的に追い込みました。

 

こんなんでしたからね(笑)

 

それに「外に出たら全員敵!」と思っていたから、
どこにも休まる場所なんてなかったですし。

 

だから、

 

・どうしたら気づけないストレスに気付けるのか?
・どうしたら無意識のうちにしてしまう自己否定をやめられるのか?

・無意識にあるものが現実化すると知ったけど、
その無意識の中にあるものは何なんだろう?

 

と1つずつ、丁寧に分解していく必要があったんです、私には。

 

また数々の仮説→実験→結果→分析をして、
【どの方法が、1番効率よく画期的に結果が出るのか?】
を導き出しました。

その方法は・・・

 

自分では気づけない無意識をいかに意識できるか?の方法

1 紙と書くものを用意します。

2 その紙に、頭に出てきた言葉をそのまま書きます。

EX) 「あー、こんなことやって何の意味があるんだろう?
こんなことするくらいなら、スマホいじりたい。
あ、でもお腹も空いてきたしご飯何食べようかな・・・。」

 

もし、
「こんなこと書いて誰かに見られたらどうしよう」
と頭に出てきたら、それも紙に書く。

 

頭に浮かんだ言葉をそのまま!!

 

大事なのは、ジャッジをして
「これは書かない方がいい、これは書いてもいい」
としないこと。

 

繰り返しますが、
頭に浮かんだ言葉をそのまま書く!

 

すると、書いてる途中に
「自分ってこんなこと考えてたんだ」
と思たり、

 

書いてる内容について、
思わず、笑ってしまうこともあるんですけどね(笑)

 

やることは、これだけです。

 

ここでのポイントは
1人でやること。
家族がいる場合はやらない。

 

誰かがいると思うと、本音が書けないから。

 

実際に私がそうだったんですけど
「誰かに見られてるんじゃないか?
見られて性格が悪いと思われたらどうしよう」
とダークなことを書いてる自分に気付いて、

 

1人暮らしなのに、誰もいないか?を
確認するためにキョロキョロしたんです。

 

その時初めて、
「私は、それだけ人の目を気にして生きてたんだ」
って、きちんと意識ができた瞬間でした。

 

動画でもお話ししています。

 

やってみて気付いたこと

頭に出てきた言葉をそのまま書く。

 

これをやり出して気付いたことが2つあります。
1つ目は・・・

 

1「無意識にあることが現実になっている」が腑に落ちた。

それまでは、セミナーや本で
「自分の無意識にあるものが現実になってるんですよ」
と言われて

 

頭では、
「そういうもんなんだ?」
って、理解して人にも

 

「無意識で気づけないけど、
そこにあるものが、叶っちゃうんだよ」

 

なーんて、知ったかぶりしてたわけですよ。

 

けど、この【頭の中に出てきたものをそのまま書く】
をしていたらいかに自分が
ネガティブでヘタレで情けなくて
弱虫だったってことに気付いちゃって。

 

そしたら、
「ちゃんと、無意識にある通りの人生になってたわ」
って笑えました(笑)

 

そこで納得できたから、

 

「じゃあ、無意識の部分をどうやって
上手くコントロールできるようになればいいのかな?
そこを上手くできたら、
自分の叶えたいこと叶えられるよね♪」

 

って、考えるようになったわけです。

 

2 瞑想したときに「無」の時間が増えた

結構前から瞑想をするときがありました。
ですが、頭の中に次から次へと
色々な考え事が出てきて集中できなかったんですよね。

 

瞑想の本には、
「出てきたものをそのまま流して行けばいい」

 

とありましたが、それがめちゃくちゃあり過ぎるし
瞑想で何か結果を感じた!という
体験もしてなかったので、

 

「無にならなければ効果が得られない。
無になれる日までやらないといけない」

 

そう思い、続けるけど全然無にならない。

 

それが嫌になって、やめて。
でもまた、新たに違う著者の本を読み
初めてみたり・・・

 

こんなことを繰り返していました。

 

ですが、
【頭の中に出てきたものをそのまま書く】
をやるようになったら
瞑想中に「無」になれる時間が増えましたし

 

普段の生活の中でも、
口には出さないけど、頭の中で起こるおしゃべり
がとても多かったのに

 

ここぞ!という時に「無」になり
「焦り」という感覚が消え

 

そして、上手くいくという体験を
するようになりました。

 

忙しさにかまけて、
【頭の中に出てきたものをそのまま書く】
をやらないでいると、また
頭の中のネガティヴなおしゃべりが
うるさくなります(笑)

 

そうなったら、やる。

 

すると、また「無」でいる時間が増える。

 

そして、今では起きた出来事に対して
一喜一憂することがなくなりました。

 

これが成果ですね♪

 

これを失敗してしまう人は・・・

脳は80%ネガティブに思考するようにできています。
これが研究でわかった事実です。

 

だから、【頭の中に出てきたものをそのまま書く】をすると

 

怒りや、憎しみ、嫉妬、劣等感、人との比較
苦しみ、自己否定などが出てきます。

 

これらのネガティブと言われる感情を
「出てきちゃいけない」と感じて、
事実を認めることがツライ人は
途中でやめてしまうかもしれません。

 

脳の構造上80%が
ネガティブに考えるようにできてる
というのが事実なのに、それを

 

「認めたくない!!」

 

って言ったら、苦しみしか沸かないです。
本当は、書いたことがネガティブで沢山を占めてたら

 

「脳の構造通りに私はなってるから完璧だ!」

 

って、喜んでもいいと思うくらい。

 

【脳は80%ネガティブ思考であるから、
悪いことを考えるのが当然だ】

 

を認められない人は、

 

・他の人とは違う、特別な存在でありたい。
そして、それを他の人に認めてもらいたい!
愛してもらいたい!

 

という気持ちが強いです。

 

それは、普通にしてたら
人から認められなかった、愛されなかったという体験を
して、悲しい思いをした。

だから、「特別になれば愛されるんじゃないかと思う」
それが無意識にある。

 

他の人とは違う、特別な存在であることができることで
「愛される」、「認められる」と思っているから
特別な存在でいられそうな何かを
永遠に追いかけ続けることになる。

 

持ってることが悪いことじゃなくて、
持っていて、苦しいなら、
Voice Outすればいい。

 

・特別な存在でいたい
・特別な存在じゃないと愛されない
・人と違った何かをしないと認められない

 

これをVoice Outしてみてくださいね♪

 

【永久保存版】世界1カンタンに!潜在意識を書き換え方法

まとめ

幸せになりたいなら
自信をつけたいなら
自分を好きになりたいなら
自分を変えたいなら

 

自分では気づけていない
無意識にやってしまっている部分で

 

どんなことを思ってるのか?
どんなことを感じているのか?
どんなことを考えているのか?

 

にいかに気付いてあげられるか?が重要です。

 

ここをやらない限りは、
自信がついたり、自分を好きになれるなんて
あり得ないよなー。

 

成功者や上手くいっている人って
自分と向き合う時間作ってます^^

 

私も、どんなにセミナーに行っても
本を読んで実践しても変われなかったですけど
経営者の方々から

 

「自分と向き合う」ことの大切さを教えていただき
それを自分流にアレンジし結果を出せたのがVoice Outです。

 

LINEに登録していただくと
ホームページで書いてるものよりも
もっと具体的に、カンタンな方法で
Voice Out理論の内容をお伝えしています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
キーワードを言うだけで、起こる現実が変わる!Voice Outを主催しています明石まりんです。 いじめ体験、親からのネグレクト、大病、精神疾患を経験。 25年かけ、どうしたら安心して楽しく心穏やかにくられるのか?を仮説→実験→検証→分析を行い、Voice Outを生み出しました。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ヴォイスアウト!公式サイト , 2019 All Rights Reserved.