申込み

思っていることを口に出すだけ! 脳科学と言霊の力で嫌なことがなくなり自信がついて世界一カンタンに幸せになれます

ポジティブ思考は余計に苦しみを生むだけ!脳の仕組みを知ればネガティブ万歳!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
キーワードを言うだけで、起こる現実が変わる!Voice Outを主催しています明石まりんです。 いじめ体験、親からのネグレクト、大病、精神疾患を経験。 25年かけ、どうしたら安心して楽しく心穏やかにくられるのか?を仮説→実験→検証→分析を行い、Voice Outを生み出しました。
詳しいプロフィールはこちら

私のところには、自己啓発セミナーや自己啓発本
スピリチュアル、心理学を学んだのに

・自信がつかない
・変わることができない
・怒りが消えない
・人生が上手くいかない
・人と関わることが苦手

 

という方が、「最後の砦」としてやってくることが多いです。

自己啓発セミナー、自己啓発本
スピリチュアル、心理学を学んできた方に

 

「どんなことを学んできて、どんな結果になったのか?教えてもらえますか?」

 

と質問してみると

 

「起きたことに対してポジティブに考えよう!
と言われたんですけど、できなくて悩んだままです。
できない私が悪いのかもしれませんが・・・」

 

「なんでもポジティブに考えたらいい!と言われ続けてきて
できるようになったんですけど
やってるのに、全然自信がないし仕事も人間関係も
上手くいかないのはどうしてですか?」

 

「相手の気持ちになって考えてみると
『怒りが消え、ポジティブになれますよ』と
言われたんですけど
その出来事が起こるとまた怒りが湧いてきて
どうしても!許せないんです。」

 

「ネガティヴに考えてると波動が落ちるから
いいことだけを考えてなさいと言われたけど
気づくと悪い方に考えて、結局波動が落ちてるから
悪いことばかり起こるんでしょうね」

 

うんうん。
これ、私も同じような気持ちを感じたことがあります。

 

私が学んできたことも

・ポジティブに考えましょう
・良い方へ方向転換して考えてみましょう
・相手の良いところを見てみましょう

 

と、耳にタコができるほど聞いてきました。

 

けど、実際にはできなくて
「それができない自分がダメ!」と自分を責める。

 

上手くいっている人はいるわけだから
他に方法があるんじゃないか?と思って
また新しいものを求めて、勉強しに行くけど
変われない。

 

こんなことをずーっと繰り返してきたんですよね。

 

「なんで、教えてもらったことを
素直にやってるのに、変われないんだろう?」

 

これ、長年のテーマでした。

 

自己啓発、自己啓発本、心理学
スピリチュアルなどの観点から学んでみたけど
全く答えが出ずにいたんです。

 

ですが、その答えをどうしても知りたくて
脳科学に興味を持つようになりました。

 

そしたら、私が知りたかったこと
解決ができたんですね♪

 

このことを知ったことで
Voice Out理論を作ることができました^^V

 

それでは、脳についてのお話です。

 

脳のお話

動画でもお話ししました♪

脳は毎日、色々なことを考えています。
それは、普通にあなたも知ってることですよね。

 

「何を食べようかなー」
「今日は何を着て行こう」
「週末は何をしようかな」

 

脳は、常に何かしらを考えてるわけです。

 

そこでアメリカの大学で、
【脳は1日、どれくらい思考(考えているのか?)し、
何を考えているのか?】
という実験が行われました。

 

その結果は

 

脳は1日60000回
思考していることがわかりました。

 

さらに興味深く、面白いのは・・・

 

そのうちの80%は、ネガティブなことを
考えており
今日考えていることは
前日に考えていたことの95%を
繰り返して考えているんだそう!

 

 

私たちは、ほほ昨日考えていたことで
今日を生きています。

 

1日、60000回ですよ!?

 

自分が、そんなに考えているって
気づけてましたか?!

 

私は、全然気付いていませんでした(汗)

 

私たちって、気づかない間に
めっちゃくちゃ!!
凄い量を考えているんです!!

 

しかも!!

 

80%が、ネガティブなこと(笑)

 

 

となるとですね
私たちがネガティブに考えてしまうのは

 

脳の構造がネガティブに考えるようにできていたから

 

で、人体の作りからしたら、通常のことだったんです。

 

たまに規格外で、
「いつでもポジティブでーす\(^-^)/」
という人がいないわけでないですけど。

 

構造的には、80%ネガティブに
考える作りになってるわけですから
「気付いたら、悪い方に考えてます」
って落ち込む必要がなかったわけなんですね!

 

むしろ、ネガティブに思考していたら
脳の構造上として考えると完璧!!

 

常に「ポジティブ です!」って
いうのがおかしい。

 

なのに、自己啓発セミナーや自己啓発本で言われることは・・・

 

「脳は80%がネガティブに考えてしまうものだから
だから意識して、ポジティブに考えてあげることが
大切なんですよ」

 

と言っています。
ですが、それって本当でしょうか?

 

脳の造りを受け入れましょうよ

80%ですよ?
80%!!

 

しかも、60000回も考えてるなんて
気づけないうちの80%!!

 

「私は、60000回思考してるのわかってますよ〜」

 

っていう人なら、
自分がどんなことを考えているか?を
意識して、どうにかすることができるかもしれません。

 

ですが、スーパーマン?神様?じゃない限り
60000回思考してることにも気付いていないですし

 

80%がネガティブなことを考えてる
って認識できている人って、
どれくらいの確率でいるのでしょうか?

 

できないから、変われないし
悩むし、挫折や自己嫌悪を味わうんですよね?

 

そうしたらですよ?

 

80%もネガティブに考える仕組みのある
脳を持っているのに
「ポジティブで考えましょうねー♪」
ということ自体が

 

自己否定!!

 

なわけです。

 

「ありのままを認めましょう」とか
言いながら、ありのままの脳の造りを認めてあげないの?!

 

それっておかしくない?!

 

おかしいのに、おかしいことに
気づかないから、おかしな現実が起こるんです(汗)

 

「そうかー。
脳って80%がネガティブだし、
95%は前日と同じことを考えているわけだから
やっぱりネガティブだねー。

ネガティブに考えるのは、脳の造りがそうなんだから
逆らうより、これを受け入れてあげよう」

 

って、脳がネガティブであることを
認めてあげちゃうんです。

 

これが自然に逆らわない流れに沿った考え方ですよね?

 

だって、
「こう考えたらラクですよ」
という考え方の話じゃなくて

 

アメリカの大学で脳の思考の研究で
わかっている構造上の事実ですもん。

 

事実を受け止めましょうよって。

 

そしたら、すっごーーーーい!!
ラクになったんですよ、私。

 

「変われないのも、自信がないのも
悪いようにしか考えられないのも
自分を好きなれないのも
できない理由ばっかり考えるのも

私がダメだったからじゃなかったんだー\(^-^)/」

 

って。
そしたら、安心したんですよね♪

 

そこからネガティブなことを考えていることに
気付くとですね

 

「おー!!脳が上手く働いてるから
不安や焦りや、怖いって気持ちを出すのね!
私の脳はちゃんと動いてるわ〜!!」

 

と、感じるようになりました(笑)

 

脳の構造を、そのまま受け入れた。
ただ、それだけです。

 

でもでもでも!!

 

いくら受け入れたって・・・
ネガティブなことばかり考えるのが脳でも
それで行動できなかったり
恐怖心でいっぱいになったり

 

怒りが込み上げてくることは
変わらない。

 

だからVoice Outをするんです。

 

Voice Outは、ネガティヴを浄化させるもの

Voice Outの詳しいやり方は

【永久保存版】世界1カンタンに!潜在意識を書き換え方法

脳の造りがネガティブになるのが当然だからって
ずっと、ネガティブなことを考えていても
気持ちよくないじゃないでしょ?!

 

だから、自分にとって嬉しくない考え方・・・

 

「できないよ」
「怖い!」
「むり!」

 

「イライラする!」
「ふざけるな!」
「なんで私ばっかり!」

 

「ツライよー」
「イヤだよー」
「許せない!」

 

そんな言葉が頭の中に出てきたことに
気付いたら・・・

 

Voice Outをする。

 

そうすると、思っていた気持ちが
スーッと・・・軽くなる。

 

軽くなるから、すっきりするから
さっきまでと行動や起こる出来事が変わる。
めちゃくちゃ、シンプル。

 

ネガティブに考えてしまう脳を否定するんじゃなくて
そのままを受け入れて、
自分の中から口に出して浄化してあげるのがVoice Out!

 

なんでネガティブに考えるようになってるの?

太古の昔は、現代とは全く違う生活です。

 

「お腹が減ったなー」と思ったら
コンビニや外食をすればいい現代とは違って
ご飯を食べるのも命がけでした。

 

空腹を感じた

すぐご飯!

 

なんてことはなく
狩りに出て、獲物を獲って食べ物を確保する。

 

「獲物を狩りに行かなければ死ぬかもしれない。
でも、狩りが失敗したら死んでしまい、家族も死んでしまう!」
田んぼでも、「ご飯ができなかったら死んでしまう」

 

生きる=死ぬかもしれないという恐怖心、不安、焦り

 

と、とても死に近い状態で生活をしてきました。

 

でも、反対に言えば
祖先がそう考えて、命をつないできてくれたから
私たちは誕生することができたんですね。

 

もし、今と同じ感覚で
「どうにかなるでしょー!」と
古代の祖先が生きてたら
とっくのとうに絶滅してます。

 

恐怖心などのネガティブな思考は遺伝子に組み込まれている。

抱いた恐怖心はDNAにインプットされ
遺伝することもマウスの遺伝子実験でわかっています。
こんな実験です。

 

 

孫マウスは、さくらんぼを食べに行くと
電気ショックを与えられるという体験を
していないにも関わらず、
さくらんぼを見ただけで怯えたのです。

 

遺伝子学から見ても
私たちは、過去の祖先が体験した恐怖体験
などのネガティブな遺伝子も
遺伝していることがわかります。

 

とはいえ、どうして遺伝子に組み込まれたか?というと
生き残るためです。

 

世代を超えて生き残るためには、
「これは危険だよ!」ということを
口では伝えられないから
遺伝子の中に入れることで

 

次に生まれてきたものたちが
その体験をしないように
守ってくれるためでした。

 

だから、

 

「なんでかわからないけど、怖い」
「なんでかわからないけど、イヤだ」

 

って思う体験をしたことありませんか?

 

これも先祖の記憶のなかに
何かネガティブなことを感じることがあったのかもしれません。

 

ですが、時代はどんどん変わるので
先祖にとって危険だったことが
現代も危険とは限らないですよね。

 

けど、その時には子孫を守るために必要だった。
それだけのこと。

 

良いとか悪いとか・・・
ジャッジをする話じゃない。

 

進化論のダーウィンが有名な言葉を残しています。

 

『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。

唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。』

 

 

だからこそ、私たちに必要なのは

 

「ネガティブに考えることは悪いことだ!」
「ネガティブに考える自分はダメなんだ!」

 

と否定するんじゃなくて、

 

「私が生き抜いてくるためには、必要な感情だったんだ」

 

と受け入れてあげればいい。

 

あっ、ここでも受け入れてあげるが出てきましたね(笑)
もう、本当ね、

 

ただ・・・
あるもの、出てきたものを受け入れて認めてあげる

 

それでいいんです。

 

ダーウィン風に言うと、
時代や時と場合によって変化してあげればいい。

 

受け入れ、認めてあげられる方法がVoice Out!です^^

 

どんどん、Voice Outをして
ネガティブな考えを持つ、
自分を認めてあげましょうね(^_−)−☆

 

もし、Voice Outが必要な人が周りに
教えてあげてくださいね。
あなたの行動が、大きな輪となり日本が元気になり
世界からも戦争が消えます♪

 

LINE登録は

 

この記事を書いている人 - WRITER -
キーワードを言うだけで、起こる現実が変わる!Voice Outを主催しています明石まりんです。 いじめ体験、親からのネグレクト、大病、精神疾患を経験。 25年かけ、どうしたら安心して楽しく心穏やかにくられるのか?を仮説→実験→検証→分析を行い、Voice Outを生み出しました。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ヴォイスアウト!公式サイト , 2019 All Rights Reserved.