申込み

思っていることを口に出すだけ! 脳科学と言霊の力で嫌なことがなくなり自信がついて世界一カンタンに幸せになれます

たった1回でイヤなことがなくせる科学的理由

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
キーワードを言うだけで、起こる現実が変わる!Voice Outを主催しています明石まりんです。 いじめ体験、親からのネグレクト、大病、精神疾患を経験。 25年かけ、どうしたら安心して楽しく心穏やかにくられるのか?を仮説→実験→検証→分析を行い、Voice Outを生み出しました。
詳しいプロフィールはこちら

「ヴォイスアウトをしたら、1回で起こる出来事が変わった!」という体験談をよくメッセージいただきます。

もしこれが1回だけであれば、それは奇跡という不思議な体験で終わりですよねー。

 

最初の頃は、やり方をお伝えして、起こる出来事が変わった体験のお話を聞いても


「奇跡って起こるもんなんだなー。喜んでもらって、よかったなー♪」と他人事でした(笑)

自分には効果があったけど、人に効果があると思っていなかったからです。

 

だから、数年は「自分が楽しいから」っていう趣味感覚で無料でお伝えしてました。

 

ですが私生活でお悩みを聞くことが多く、その都度やり方をお伝えすると

 

「悩んでたことが解決した!」

 

という体験談を聞くわけです。

 

次第に

「何で、こんなことができるんだろう?
これは偶然ではなくて、何か法則があるのかもしれない」

と考えるようになりました。

 

興味を持ったことに対して「なんで?」「なんで?」と探究して、
答えを納得するまで求めに行くのが、私は好きです(笑)

 

上手くいっても「天使が奇跡を起こしてくれたのねー♪」とは思えず、もし天使が奇跡を起こしてくれたのだとしたら、

「どうして天使が奇跡を起こそうと思ってくれたのか!?」

を考えるのが楽しい(笑)

 

めちゃくちゃ長くなりますが、科学的な観点から「どうして1回でイヤなことを無くすことができるのか?」をお伝えしていきますので、お付き合いください。

 

プロローグ

答えは、科学の中にありました。
 
 
私は、この仕事をする前に「温熱療法」という体を温め免疫力をあげ、健康を保つサロンの経営を渋谷区で7年間行なっていました。
 
 
↑これ、サロンの写真です。
 
 
今から書くこと、消そうか、残そうか?悩んだのですが、私の悪いクセで
 
 
「話が長くなると、興味ない人は見ないし、聞かないだろう」
 
 
と思っているので、途中の説明をせずすっ飛ばして、要点であるゴールの部分のみをお伝えしてしまうことが多々あります。
 
 
すると大概、???の顔をされるか
 
 
「どうして、そうなるんですか?」
 
 
と質問になり
 
 
「あ、またやっちゃった(汗)」
 
 
となり、1から順立てて説明をさせてもらいます(笑)
 
 
つっこまれて気づけるから、ありがたいですね♪
 
 
すると「そういうことか・・・」と納得してもらえるという。
 
 
自分の悪いクセに気づいたので、今回はとても長くなりますが、「どうしてそこに行き着いたのか?」を1から説明していきたいと思います。
 
 
ですが興味がない場合は、下の方にある【まとめ】だけをご覧ください。
 
 

温熱療法で得たのは、科学の法則

 
私たちの体の中では毎日がん細胞やウイルスなどが沢山作られますし、外からも入ってきます。
 
 
そこで活躍するのが「免疫」
 
 
体温が36.8℃以上だと、細胞が元気なのでガン細胞や、ウイルスを食べてくれるため風邪を引きづらいですし、ガンにもなりづらくなります。
 
 
体温が1℃下がるごとに免疫は約30%下がってしまうことが分かっていて、ガン細胞が増殖しやすい状態になるわけですね。
 
 
整形外科のリハビリの仕事と温熱療法サロンでの仕事で癌になった方からお話を聞くと、多くのかたが35℃代の体温だとおっしゃっていました。
 
 
体温が低いままでいることが不調や病気の原因になるわけです。
 
 
 
中には「体温なんかで、病気になるはずがない!」と思う方もいると思います。
 
 
 
でもそう思うのは、当然かもしれません。
 
 
 
ガンは「ガンです」と診断をされるまでには10年〜20年の生息期間があるので、色々な理由が複合してくるというのもあるからです。
 
 
 
そして多くの人が「まさか自分がガンになるわけない!」と思っているわけですが、
実はガンになる前には、必ず体に何かしらの症状が出ています。
 
 
 
女性特有ですと、ひどい生理痛。
 
 
これがいつの日にかガンになるわけですが、今書いた症状を引き起こしている原因は、「体の冷え」です。
 
 
冷えを作る原因は
 
 
 
 
体をしっかり温めると、不調で悩むことはなくなります。
 
すると、「毎日お風呂に浸かってます」「サウナに入ってます」と話してくれます。
 
 
 
私も温熱療法をする前までは、「毎日お風呂に使ってるから冷えてない」と思ってました。
 
体は慢性的な痛みと病気でボロボロでしたけど・・・。
 
 
 
「毎日お風呂に入って温まってるはずなのに、なんで不調になるんだろう?」
 
 
 
この答えを教えてくれたのが科学です。
 
 
 

温まることは、そんなにカンタンじゃない!

科学の観点から見てみると、体を温めるというのは、「寒いなら、いっぱい服を着れば温まる」とか「お風呂に入れば温まる」とかそういうことではありませんでした。
 
 
ちょっとここから難しくなりますよー。
 
 

お風呂は浸かっている時は温かいですが、外に出たら寒いと思いません?
 
 
冬は特に。
 
 
これはお風呂のお湯が温かいから、皮膚が温かく感じるのであって温まったからではないんですね。
 
 
温かいところにいるから、温かい。
 
 
これを「伝道熱」と言って、サウナも、ストーブも当てはまります。
 
 
あと、夏!
 
 
夏は気温が高いから、暑いわけです。
 
 
 
 
温まることでリラックス効果、汗を出すことでスッキリ感を味わうのにはお風呂もサウナもサイコーです!!
 
 
 
ですが、健康をキープするために温まるという面で考えるとどちらも不十分。
 
 
 
「何がいけないの?一時的にでも温まってるから、いいじゃない?」
 
 
こう思いますよね?
 
 
ですがガンもそうですし、糖尿病は膵臓、腎不全は腎臓、肝硬変は肝臓、子宮筋腫は子宮・・・病気は温かさを感じることができた皮膚で起こってるわけではなくて、その奥にある内臓発症しています。
 
 
「皮膚も病気になることありますよね?」って皮膚炎になる理由も、現在は腸や腎臓、肝臓が影響していることも分かっています。
 
 
ということは、皮膚だけを温めても意味がないわけですね。
 
 

健康でいるためには、内臓を温める必要がある。
 
 
でも、それはお風呂やサウナ、ストーブの伝道熱では出来ない。
 
 
そのために開発されたのが、私のお店で使用していた(株)フジカ製の炭素温熱ドーム・スマーティ です。
 
 

スマーティ を扱うには科学を勉強しないといけないっ(汗)

 
スマーティ は1980年から発売された発汗機器で、科学的根拠を元に作られている高機能な健康美容器具。
 
 
愛用者の中には、故ダイアナ妃、オリンピック選手、病院内、ミスユニバースになった方などが使用しています。
 
 
 
このスマーティ に1日、30分から60分入ると、内臓まで温めることができます。
 
 
私もそれまでは年に3、4回ぎっくり腰になっていましたが、スマーティ に入りふくらはぎマッサージをするようになったら、腰痛がラクになりました。
 
 
実は、スマーティ の効果が凄まじいため、それをマネした類似品が沢山販売されていますが、製品としては全く違います。
 
 
その違いは何か?というと、科学的な根拠を取り入れながら作ったか?作っていないか?です。
 
 
 

【余談】

私たち人間は元素からできています。
 
 
これが人間の構造成分ですね。
 
こうやって構造を見てみると、窒素から下のカルシウム、リン、硫黄、カリウム、ナトリウム、塩素、マグネシウムは全てミネラルです。
 
 
だから、ミネラルが足りなくなると人間の体の構造が崩れるため病気になりやすいし、妊娠などもしづらくなるので、「しっかり取りましょうね!」と言われる理由ですね。
 
 
絶対に取らないといけない必須ミネラルの量は、体にとってたった4%。
 
 
一見、「たったの4%なんだから取らなくても問題ないでしょー!」と思いますが、人間の体はとても厳密で「0、01%必要ですよ」となっているものを、取らないままでいるだけで病気になります。
 
 
 
そして私たちの体の多くは、酸素・炭素・水素・窒素の4つ。
 
 
酸素が1番多く含まれているから、私たちの細胞は酸化していきシワ、シミ、白髪が出るなどの老化をしていくわけですねー(笑)
 
 

どんな原理を使って、内臓まで温められるの?

話を元に戻します。
 
 
スマーティを作った大野日佐太会長は、医学の父と言われているギリシャのヒポクラテスが「冷えがあらゆる病気を作る」というような名言を残していることに注目をし、
 
「どうしたら内臓からしっかり温まることができるんだろう?」と考えに考え抜き、出た答えが
 
 
「共鳴」の力を使う!
 
 
 
はい、またわけワカメですね(笑)
 
 
今から説明をしていきます。
 
 

同じ物質、周波数同士は共鳴をし合う

科学では、分かっていることがあります。
 
 
それは、「同じ物質、周波数同士は共鳴をしあう」
 
 
小学校か中学校の時に、音叉の実験をしたのを覚えていますか?
 
 
音叉の実験を忘れてしまった方は、見た方がわかりやすいので、以下の動画をご覧になってみてくださいね。
 

この動画の場合は、音の高さが同じものが共鳴をし合い音が鳴っています。

実は、共鳴が起こるのは、同じ周波数を出す音だけではなく、同じ物質同士であれば、起こるのです。

 

例えば、鉄と鉄。

銅と銅など同じ物質同士なら共鳴し音が鳴ります。

 

 

「内臓まで温めるには共鳴を起こすことが大切!」と考えた大野会長は、
人間の構造上に含まれる元素の中で酸素の次に多い炭素をスマーティ の内側に貼り付けました。

 

するとスマーティ の炭素と人間に含まれる炭素が共鳴し合うことによって、
内臓や細胞まで温めることができるようになったのです!!

 

スマーティ に入ると2、3日は体の中から「温かいなー」と感じられますし、続けて入ることによって、体温が上がります。

 

そして、不調がなくなり、病気にもならなくなるわけですね。

 

これが同じ物質、周波数同士が共鳴し合うことの効果でした。

 

そして共鳴で重要なポイントは

 

同じ物質、周波数同士が共鳴をしますが、共鳴するもの同士に
「良い」とか「悪い」とか「ダメ」とか「ラッキー」とかありません。

 

ただ、「共鳴は起きている」というだけ。

 

スマーティは、共鳴の力を上手く活用した発汗機器なのです。

 

そしてこの共鳴は私たちの暮らしにも関わっています。

科学の実験の様に、音叉を置いて実験ができれば目に見えてわかりやすいですよね。

 

「あー、鉄と鉄だから音叉が共鳴して響いてるのね」
「同じ音同士じゃないから、一方の音叉を鳴らしても反応しないんだ」

 

と客観的に見やすい。

 

実は私に起きている出来事も、自分が発信したものに共鳴したことが起きています。


あなたに起きている出来事も、あなたに共鳴をしたことが起きています。

 

自分自身がハッピーな気持ちでいると、ハッピーに関する物質、周波数と共鳴するので、良いことが起こる。

逆にイライラした気持ちでいると、イライラに関する物質、周波数と共鳴するので、更にイライラすることが起こる。

 

ですが私たちは自分のこととなると、一気に感情や気持ち、思考が入り一気に客観的かつ冷静に見れなくなります。

 

科学の観点から見ると、酸素、炭素、窒素、水素で出来ている私たちも、物質の1つでしかありません。

 

自分に起きている出来事だと思うと、冷静に見れないので音叉で考えてみましょうね。

 

自分自身が自分の音叉を鳴らす人

 

あなたがハッピーな気持ちでいたら、ハッピーな出来事、人と共鳴するので、イライラの周波数、物質とは共鳴しないので関わり合うことはありません。

 

反対に

あなたがイライラしていれば、イライラする出来事、人が共鳴し現れてきます。

そしてハッピーの人とは近くことはありません。

 

だって、自分がイライラしてる時ってニコニコしてる人見たら「何笑ってんだよ💢!」
とムッとなっちゃうから、関わりたくないと思うわけですよね。

 

全てあなたから発せられた周波数に共鳴したものが起こるようになっています。

 

そして、あなたがハッピーだったとしても、イライラしてる人に八つ当たりされまくったりして、あなたが「イヤな気持ち」になった瞬間に

 

ここで共鳴が起こってしまい、イヤなことが起こり始めるきっかけになります。

 

もし、あなたが穏やかで幸せな気持ちで毎日を過ごしたいのであれば

 

●イヤなことがあった時に、瞬時に切り替えること
●いつも機嫌よくいられるようになる

 

を身に着ける練習をすればいいんです^^

 

これは持って生まれた能力ではなく、練習で誰でも手に入れられます。

 

実 験 

今までお話ししてきたことが、まず「そんなわけない!」と思っていると、練習をしようとも思わないですよね^^?

 

ですので、実験をしていきましょう!

 

やり方です。

 

これは朝、目が覚めたときに行うものです。

 

①前日の夜に目覚ましを起きる時間の10分前と、起きる時間にセットします。
EX)朝6時に起床するなら、5時50分と6時にセット

②5時50分に目覚ましが鳴ったら、止めて
「ありがとうございます」を寝ぼけながら、極論半分寝たままでいいので、頭の中で何度も繰り返します。

③6時になったら、ストップしていつも通りの生活を始めます。

どんな気持ちで1日を過ごしたか?を夜に、紙に書く。

⑤そして、あえてやらないと決め、過ごしてみる日も作り、どんな気持ちで1日を過ごしたか?を夜に紙に書く。
中には「今日はやりたくない!」と感じ、やらない日があってもいいです。

⑥1週間、または2週間実験した後に、やった日とやらなかった日の違いを感じるのではなくて、紙にまとめたことを目で見てみる。

⑦その感想をまた紙に書き出す。

 

ここまでやってみてください。

上級編として・・・

 

「ありがとうございます」を言って気分良く過ごしていたのに、「何か言われた」「何かされた」などの理由で、イヤな気持ちになり、そこからイヤな出来事ばかりが続いた!と思ったのであれば、それも紙に書いておきましょう。

 

この実験をしてみると、自分が音叉を鳴らしていて、そこに共鳴した出来事が起こっているということが、わかるようになります。

 

それがわかると、

 

自分の鳴らす音叉をいかに、穏やかで幸せなものに共鳴されるためには何をしたらいいかな?

 

と考えられるようになりますよね♪

 

だって、共鳴するものはあくまで、同じものというだけで、そこに「良い」「悪い」ないんですもの。

 

ただ、同じものが共鳴するわけですから、共鳴させるものを変えればいいだけです。

まとめ

めちゃくちゃ長く書いてきてしまいましたが、一言で言いますと

自分自信が音叉の発信元で、発信したものに共鳴した出来事が起こる

という科学の方式があるということでした^^

 

音叉の発信を自分にとって、穏やかで幸せなものに変えることができるのがヴォイスアウトです。

ヴォイスアウトは、正しくやることで自分から発信される音叉の周波数を変えることができるので、1回で起こる出来事が変わり、共鳴の法則を実感することが出来ますよ。

 

ヴォイスアウトを試されてみたい方は、3月中限定でお得な体験セッションをキャンペーンやってます^^

 

ヴォイスアウトのやり方を書いた「ヴォイスアウトマニュアル」、LINEに登録していただくと無料で差し上げています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
キーワードを言うだけで、起こる現実が変わる!Voice Outを主催しています明石まりんです。 いじめ体験、親からのネグレクト、大病、精神疾患を経験。 25年かけ、どうしたら安心して楽しく心穏やかにくられるのか?を仮説→実験→検証→分析を行い、Voice Outを生み出しました。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ヴォイスアウト!公式サイト , 2020 All Rights Reserved.