申込み

思っていることを口に出すだけ! 脳科学と言霊の力で嫌なことがなくなり自信がついて世界一カンタンに幸せになれます

毎日をハッピーで好きなことをして生きるには?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
キーワードを言うだけで、起こる現実が変わる!Voice Outを主催しています明石まりんです。 いじめ体験、親からのネグレクト、大病、精神疾患を経験。 25年かけ、どうしたら安心して楽しく心穏やかにくられるのか?を仮説→実験→検証→分析を行い、Voice Outを生み出しました。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちわ♫MARINです^^

暖かくなりましたね\(^^)/

私、秋から冬にかけての寒い季節は苦手なんですよねー・・・

出来ることなら、1年中春と夏の場所に住みたいです。

2019年の冬の過ごし方

ここ1、2年くらいは特に「自分がしたいことだけしよう」「やりたくないことはしなーい」モードでいるので、何もしたくなかったので平均10時間くらい毎日寝てました。

だって極力、何もしたくないんですもん^^;

 

毎年寒い季節は何もしたくなくなるんですが、今年は特にそんな感じで

起きてる時間は仕事、ご飯、お風呂・・・お風呂も毎日1時間くらい入ってるので、まーったり。

欲しいと思ったらもらえたり、したいと思ったらできたり、人間関係も良好だし、お金もやりたいことが出来るくらいはあるし・・・

特に腹が立つようなことや悲しいこともなく、ハイテンションを継続するようなこともなく、ボーーーーーーーーッと穏やかにゆとりのある暮らしをしてました。

個人的にはリア中でしたけど、人から見たら全然羨ましくもなんともないですね(笑)

暖かくなると行動的になって色々なところにいって、やって・・・ってなり、その度スマホで写真も撮るけど、冬は特に写真を撮るようなエピソードもなく、ジミーーーーーーーに!その場に存在しているだけなので。

 

でも、これが私の幸せなんですよねー。

 

昔は嫌だと思うこともしてました。

タワーマンションにも、ホテルランチにも、おしゃれランチ&カフェにも、沢山の人たちが集まるパーティーや交流会にも、有名人が参加する〇〇にも、キラキラ系には今はまーったく興味がわきません^^;

 

楽しい人はやればいいけど、私は楽しいと思わないからわざわざやらなくていいやー・・・って思います。

昔タワマンやクラブでのイベントやパーティー、異業種交流会など誘われたので行ってたんですよ、これでも。

 

全然つまんないの(笑)

パーティーとか本当その場にいるだけでストレスで、やめてたタバコとか買って吸っちゃうんです。

で、翌日には喫煙者にあげる。

だって別に吸いたいと思わないから。

 

私にとってはそれくらいストレスなんですよね。

「沢山の人が集まる」とか「キラキラ女子系の集まり」とか。

けど、「そこに行けば人脈が出来るかもしれない」「何かチャンスが回ってくるかもしれない!」「自分の周りがそうやってるから私もそうしないといけない」と何故だか当時は思い込んでまして^^;

 

だから「行きたくないけど、付き合いもあるし行くか・・・」という感じで参加して、知ってる人に挨拶して、作り笑顔して・・・って感じでやってたんですけどねー(笑)

今は誘われても行かないです(笑)

だって自分がパーティーとか派手な集まりとか、沢山人が集まるとか、嫌いなことを知ってるから。

 

手に入るかもしれない???人脈よりも、「自分が不愉快になることをしない」という選択を優先しています。

 

楽しいこと、幸せなことを意識???

昔読んだ本に、「好きに生きるには・・・」「自由に生きるには・・・」「やりたいことをして生きるには・・・」

「楽しいことをやりましょう!」「ワクワクすることをしましょう!」「幸せな気分になることをやりましょう」と書いてあって、それを意識して過ごしていたこともあります。

 

けど、楽しい方、幸せな方を意識してみてもなんか自分が思う幸せとは違うんですよー。

「幸せなことをしよう!」と思っても、誰かと関わると成立しないことも出てくると思いませんか?

 

例えば、時間。

仕事の関係の人から電話が鳴ったとします。

「幸せだから電話に出る」「幸せじゃないから電話に出ない」なんてしないですよね?

 

電話が鳴ったら、出られるなら出ると思うんです。

その時に「5分だけいいですか?」と言われ、本当は他にやりたいことがあったけど、「5分って言ってるからいいかぁ♫」なんて思い、聞いていたらどうでもいい話で30分経過していたなんてことありません?

 

そして切った後に「あー!30分も時間を無駄にしちゃった(~_~;)」と後悔と反省をする。

私、あったんですよねー(~_~;)

 

幸せや楽しいこと、幸せな気分を基準にした時に、もし仕事中に仲が良い友達から連絡きたら、気が済むまでその人と話す?

それが好きに生きること?自由に生きること?幸せなこと?

 

仕事中であればやることがあるはずなので、「友達と話す方が楽しいからいいの〜♫」ってなったとしたら・・・

それはピントがズレてません?

なんか違うと思うんですよ。

 

万が一、「仕事以外のことで、楽しいこと、幸せなことを取り入れるんですよ」って言われたとしたらですよ?

「社会人である私たちは、1日の1/3を仕事の時間に費やしていて1/3は寝てるのにっ!?」

って聞いちゃいそうですよ、私(^_^;)

 

自分自身も楽しいこと、幸せなこと、ワクワクする方をやった方がいいと思っている時もあったので、いいと思うんですけどね。

けど、なーんか腑に落ちないんですよね。

だっていつも心のなかに安心感や安らぎ感、穏やかさがないんですもの。

そんな経験をして気づいたんです。

 

自分が不愉快になる選択をしない

楽しさやワクワクすることを探したり、感じたりすることよりも、自分が

 

と思うことをしないことの方が、重要なんだって。

もし、「私は人から何をされても何を言われても、なんとも思わないんですよー」というのであれば、好きな方、ワクワクする方を選んだらいいと思いますよ^^

 

だけど心の奥底から「私は人から何をされても何を言われても、なんとも思わないんですよー」って思ってない人は、まずこのブログにたどり着くことはないと思うので、

気づいていないだけでガマンするクセが付いてて、自分の感情に鈍感になってるんだと思います。

 

なんで重要なの?

どうして自分が不快になることを選択しないことが重要なの?って思いますよね?

それはですね、【自分が不快になることを選択しない】でいると自然に好きなこと、ワクワクすることだけをしていることに気付くからです。

 

生きづらさや人間関係で悩んでいる人たちは、小さな頃に「好きなこと」や「ワクワクすること」をしようとすると親が不安そうな顔をしたり、嫌そうな顔をしたり、ハッキリ言葉で怒られたという経験をしています。

「好きなこと」や「ワクワクすること」をしようとする度に、嫌な顔をされたり怒られた人は、心の奥底に「好きなこと」や「ワクワクすること」をしようとすると、親に嫌な顔をされるという記憶がインプットされているんです。

 

子供はお母さんに好かれたいし、いつも笑顔でいてもらいたいって思っているから「好きなこと」や「ワクワクすること」をしようとして、嫌な顔されたもんなら

「好きなこと」や「ワクワクすること」することはしないようにしよう!と自分でその気持ちを出すのをストップしちゃい、その気持ちにフタをします。

 

そんな人が「好きなこと」や「ワクワクすること」をしましょう!なんて言われても、「何が好きなことなんだろう?」「何がワクワクすることなんだろう?」と答えが出てこなくて、余計に不安になっちゃうんですよね(~_~;)

だけど、「不快になること」は意外とわかるんです。

 

例えば、

〇〇さんに〇〇と言われて嫌だった!

〇〇さんに〇〇をされて嫌だった!

〇〇に行ったら、待たされたのに美味しくなくてムカついた!

LINEを送ったのに、数日返信がなくてムカつく!

とか。

言われてみると、思いつくこと沢山出てくると思いません(笑)?

 

ノートに書き出す

これを1冊小さいノートを用意して、書いておくんです。

嫌だと思ったこと、ムカついた出来事、生理的に受け付けないことなどの不快に思っていることを。

 

 

すると自分がどんなことで不快になる人なのか?がわかるんですよね。

そのあとやることは・・・

 

不快になっている原因となることをやめてみるという行動を起こさないことんです。

 

じゃあ、なに!?って?

 

「あー・・・(>_<) 私、〇〇で不快になってたんだなぁ・・・」

とノートを見て、不快になっていた原因をただ認めること。

 

それだけで♫

そしてその中から、勇気を持たなくても気軽にやめられることがあるなら、やめてみるという選択をする。

 

加齢臭が不快なら、加齢臭がする人の近くに寄らない。近寄ってきたら、離れる。息を止める。

満員電車が苦手なら、少し余裕を持って出て各駅停車する電車に乗ってみる。お金に余裕があるなら、近場に引っ越す。

人の悪口ばっかり言ってる人に不快に感じるなら、その人が言い始めたら違う話題を降ってみる。その人に近づかない。

 

などなど、今の自分にできる範囲でいいからやれることをやってみて

「やめたい」「やめた方がいいと思うけど、現実的に無理」と思うことは、そのままにしておきます。

「やめた方がいいと思うけど、現実的に無理」ということに無理やり何かすると、「そうしたいけどできない」ことへのストレスや罪悪感、自分への嫌悪感を作るだけだから。

 

だけど、無理がかからないでできるところからやってみると、行動した分何かが変わるんです^^

気分とか、人からの対応とか関わり合いとか♫

「あれ?こんな風になるなら、もうちょっとやりたいかもー!」になって、不快と思うことをやめてみよう!に意識が行くようになります。

 

だから最初から無理にいじくりまわさなくていいんです^^

 

イヤなものはイヤと言っていい

そして、今までセッションの中でこのお話をした時に、

「人や何かを悪く言っちゃいけないって本やセミナーで書いてあったから、イヤ!とか言っちゃいけないと思います。だってそういう風にすると、私に戻ってくるんですよね?」

と言われたことがあります。

 

全然「イヤなものはイヤ!」と言って大丈夫です^^

むしろ「イヤなものはイヤ!」と言えばいうほど、色々なことが上手くいきますし、人間関係も良好になりますよ♫

 

これはちゃんと理由があるのですが、ここで説明してしまうとまたとてつない文章量になってしまうので、他の記事で書かせていただきますね。

なので、安心してあなたの気持ちに素直になって「イヤなものはイヤ!」と言ってみてくださいませ^^

 

不快になることをやめていくと・・・

楽しいと思う時間が増えてたり、心地よい時間が増えるようになります。

そして、自分が何が好きなのか?がわかるようになるんですね^^

好きなことがわからない、見つからないという場合は、余計に「不快なことはやらない」にフォーカスを当てていると、ふかいなことはやらないスタンスになっていくので、気づいたら好きなことに囲まれる生活になりますよ♫

 

こんな感じで、私は好きなこと、ワクワクすることに意識をしたのではなくて、「不快になることはしない」をしていったら、今の自分のスタイルにたどり着きました。

この方法でいいのは、

自分の好きなこと、ワクワクだけが最終的に残る

人をうらやましいと思わなくなる

人と比べようとしなくなる

 

ことです。

もしあなたが、3つのことを手に入れられたらいいなぁ♫と思ったのであれば、遠慮せず

不快に思った出来事をノートに書いてみてくださいね(^_−)−☆

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^

感想や質問があればpokapokameister@gmail.comにお待ちしておりますね♫

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
キーワードを言うだけで、起こる現実が変わる!Voice Outを主催しています明石まりんです。 いじめ体験、親からのネグレクト、大病、精神疾患を経験。 25年かけ、どうしたら安心して楽しく心穏やかにくられるのか?を仮説→実験→検証→分析を行い、Voice Outを生み出しました。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ヴォイスアウト!公式サイト , 2019 All Rights Reserved.