申込み

思っていることを口に出すだけ! 脳科学と言霊の力で嫌なことがなくなり自信がついて世界一カンタンに幸せになれます

私が本当に手に入れた自信をつける方法

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
キーワードを言うだけで、起こる現実が変わる!Voice Outを主催しています明石まりんです。 いじめ体験、親からのネグレクト、大病、精神疾患を経験。 25年かけ、どうしたら安心して楽しく心穏やかにくられるのか?を仮説→実験→検証→分析を行い、Voice Outを生み出しました。
詳しいプロフィールはこちら

私も数年前までは、全く自信がない人でした。

 

自信をつけたくて、
色々やってみるけど
全く自信はつかない。

 

やっても変われない自分がダメなんじゃないか?

 

と、自分を責めることも。
けど、どうしても変わりたくて、

 

また新しい方法があるなら、試してみよう!
と本を買うという答えのない迷路に迷い込んだ
感じの生活をずっとしてきました。

 

そんな私ですが、今では
自信をつける方法をお伝えする

 

【Voice Out】を主催できるまでになっています^^

 

私が実際に、自信をつけるために
やったことをまとめましたので、
ご覧になっていただけたら幸いです♪

 

自信をつけるためにやってきたこと

自信をつけるために
色々なことをしてきました^^

 

どんなことを自信をつけるためにしてきたか?
と言いますと・・・

 

・自分を褒める
・出来たところを探す
・感謝をする

 

・欲しいと思ったものを買ってあげる等のわがままを聞いてあげる。
・頑張りすぎて動けなくなったら休む
・イメージワーク
・瞑想

 

・カードリーディング
・安いものよりも、欲しいもので買うものを決める
・夜寝る前に3つ、良かったことをノートに書く

 

・ノートを作り、理想を書いておくと気づいたら、そうなっている
・ありがとうを言う

 

・失礼な人に勇気を持って、失礼と言う
・相手がどう思うか?よりも自分の気持ちを優先する
・潜在意識について学ぶ

 

・セラピーやヒーリングに行く
・セミナーに行く
・自己啓発本を読む

 

・YouTubeでためになる話を聞く
・セルフイメージをあげるために、ホテルのラウンジを利用する

 

・興味ないけど、凄い人として扱われるようにブランド品を買ってみる

 

あはは(笑)
カンタンに思い出しただけでも
結構やってきましたねー!!

 

それくらい?
藁にもすがる思いだったんですよねー(笑)
自信をつけたくて、つけたくて・・・

 

新しい方法を見つけると・・・

 

「今までの方法はダメだったけど、
これなら、自信がつくんじゃないか!?」

 

ってねー(笑)

 

あなたは、どうですか?

 

自信をつけるために、私と同じようなことを
してきたこと、あるんじゃないでしょうか?

 

もし・・・もしもですよ?

 

私と同じようなことをしてきたけど
自信がつかなかったというのであれば
私も一緒。

 

私も、上に書いたことをしてきましたけど
自分が求めていた自信を
つけることが出来ませんでした。

 

あっ!
自分が求めていた自信っていうのはですね

 

私がつけたい!と思った自信とは・・・

以前の私は、人から意見を言われると
「否定された!」と思い、

 

それからは
「この人は、私を否定する人だから怖い!」
と要注意人物!と思いビクビクする。

 

すると仲良くなれる人は
誰もいなくて、いつも孤立していました。

 

だけど、意見をビシバシ言ったり
好きなことを言いたい放題の人の
様子を伺っていてその人が
「こんなこと言いそうだ」と思うと

 

言われないように、先回りしてやって
「文句を言われずに済んで、良かったー」
と安心したり・・・」

 

自分のしたいこと、思ってることではなく
人の様子を伺って、いつもヘラヘラして

 

怒らせないようにするには?
平和に過ごすためには?

 

そればかりが頭の中にあったんですよね。
それに警戒心が強くて

 

「必要以上に自分のことを
話すのは弱みを握られる事になる!」

 

と思っていましたし

 

過去に
「あなたの言ってることってわかんない」
と言われたことで、自分から話したり
伝えようとすることが苦手だったんです。

 

だから、コミュニケーションを取ることが
好きじゃなくて

 

「私に、話しかけるなよ💢!」
オーラ出てたと思います(笑)

 

普段言いたいことも言えないから
我慢が蓄積されて、家族に
爆発したり、八つ当たりをしてしまい
後から「あー!最低」と自己嫌悪したり・・・

 

それでも、心の奥底で思ってたんです。

 

「私だって、みんなのように
楽しく話せたり、良い関係を作りたい。
けど・・・」

 

こんな感じだったのです。
結局、私は自信がなかったんです。
だから、いつも内心ビクビク、オロオロしてた。

 

私がつけたかった自信は

 

・人の顔色を気にせずにいられること
・伝わる話ができるようになること
・意見を意見として捉え、コミュニケーションを取れるようになること

・嫌なことには、「イヤですよ」と言えること
・ビクビク、ヘラヘラ、オロオロしないこと
・人とストレスなく、良好な関係を作れること
・爆発しないイライラのコントロールが上手くできること

 

です。
あなたがつけたい自信はどんなものですか?

 

実際に自信をつけた方法

こんな私だったから、精神的にいつも
疲れていてストレスの塊でした。

 

だから自信をつけたくて、一生懸命やったんですよ。

 

実際に、私がやってきた中で、
本当に自信をつけられた方法の第1段階があります。
それは

 

【何があっても、どんな時でも絶対にっ!!自分の味方になる。
何があっても自分を責めず、ダメだししない】

 

上原愛加さんの本と出会い、書いてありました。

上原さんの本は、どれを読んでも
【何があっても、どんな時でも絶対にっ!!自分の味方になる。
何があっても自分を責めず、ダメだししない】
が書いてあります。

 

むしろ私はいつも自分にダメ出しをする、責める
という習慣を持っていたんですね。

 

イライラを爆発させてしまった後
思い通りにできなかった時
予想外のことが起きた時

「あー、私がダメだからこうなったんだ」
「どうせ何やっても上手くいかない」
「こんなことくらい我慢できなくて、どうするの?」
「気合いと根性が足りてないんだよ!」
「なんで、ちゃんとできないの!?」
「中途半端なことしてんじゃねーよ!」

 

自分を責めることで、奮い立たせ頑張るっ!!

 

すると、できることが増えて自分の質が上がる。
この

 

出来ることが増える→人よりも凄くなる→人から認められる→自信

 

だと、ずっと思ってたんです。
そして、出来ることを増やしていくこと
出来ないことを無くしていくために
頑張れることを向上心と呼び、

 

私は、自分のことを
「向上心の塊だから、上を目指すためには
こんなところで満足してる場合じゃない!!」

 

そう思っていたので、気づかないうちに
自分にダメだしをしたり責める
のが、当たり前のことして続けていました。

 

だって、それが自信になると思ってましたもん。

 

だから
【何があっても、どんな時でも絶対にっ!!自分の味方になる。
何があっても自分を責めず、ダメだししない】
に、とても抵抗がありました。

 

今までやってこなかった方法でしたし、
何よりもダメだしして、もっと頑張ることで
自身が手に入ると思っていたので

 

「そんな甘い方法で自信がつくなら
今まで無理してでも頑張ってきた時間はどうなるんだ!」

 

と若干、怒りも湧いたんですよねー!!

 

けど、それでも「やってみよう!」と思ったのは、
どうしても、自信をつけたかったからです。

 

出来る、出来ないの感情よりも
変わりたい!の気持ちの方が大きかったから、
自信をつけることが出来るなら
「なんでもやってやる!!」の気持ち。

 

自信をつけるための具体的方法

【何があっても、どんな時でも絶対にっ!!自分の味方になる。
何があっても自分を責めず、ダメだししない】

 

自分の味方になると言っても、
気づいたらダメだししてるし
自分を責めているわけです。

 

もうクセになってますから。

 

「はーい!もうやめます\(^-^)/」
みたいな感じでは、出来ないんですよ^^;

 

だけど、【もう不満は言わない】があって

 

「気づけば、変われます」

 

ってあったのを思い出したんですね。

【もう不満は言わない】の中で

「よくないことが起こるから不満を言うのではなくて、
知らないうちに不満を言ってるから、
嫌なことが起こるんだ」

 

と筆者のウィル・ボウエンさんが言っています。
ウィル・ボウエンさんが考えた作戦は、

 

【ブレスレットを片手につけて、不満を言ったら反対の手に付け替える。】

 

というものでした。
私もヘアゴムで実践したことで、
言ってないつもりでも、

 

どれだけ不満を言ってたか?

 

に気付かされたことを覚えています。
なので、自信に関しても気づくことが大事!と

 

知らないうちにやってしまっている
自分への責めとダメだしに気づこう!
から始まりました。

 

「もっと頑張れよ!」
「こんなんじゃダメに決まってんだろ!」
「お前、何やってんだよ!」
「アホか!」
「何しても上手くいかない」
「どうせ、出来るわけないし・・・」
「そんな甘いことやってんじゃねーよ!」

 

などと責めとダメ出しをしたら
ただ気づくだけ。

 

「今、やったねー(笑)」って。

 

もし、それで
「あー!!だから、ダメなんだ」
って更に、自分を責めたら

 

「ほら、またやってるねー」

 

だけ。
必要なことは言ってることに気づくことで、
「良いとか悪いこと」とジャッジすること
じゃないから。

 

ただ「やっている」という事実を冷静に観る。

 

最初のうちは、10回に1回くらいしか
自分を責めていることに
気づいていないんです。

 

けど、続けていくと・・・あら不思議!
気づく回数が増えてきて

 

「私、どれだけ自分に
ダメだししてるんだろっ^^;」

 

と思うくらい、毎日何十回としてるんです。
するとこんなことを思いました。

 

「毎日、自分に何十回と自分にダメだしを
してるんだから、そりゃ自信なんかつくはずないじゃん!!
自分の悪いところばかり指摘されて何が楽しいのさっ(^^;;」

 

そこで初めて、

 

「向上するためにって自分に
ダメだししたり、責めてきたけどさ・・・

 

全然自信つかなかったし、楽しい!と思える時間を
過ごすことができなかったってことは
そのやり方が間違ってたからだよね?

 

ならもう・・・
自分責め、ダメだしをやめてもいいんじゃない?」

 

腑に落ちた瞬間です。

 

人は、どんなに良いことでも
素晴らしい方法であったとしても
腑に落とせなければ、
行動に移せません。

 

そのためには、
仮説を立てて、意識をして行動をしてみる。
してみて、どうなったか?の結果を見る。
結果を見て、分析をすることで

 

腑に落とす

 

ことができます。
すると、頑張してないのに無理しないのに
行動が変わる。

 

私たちはダメだしをされてきた

「自信がないんですけど、どうしてなのかわからないんです」

 

という方も、結構多いですが、それは
ずーーーとダメだしのある世界の中で
生きてきたからです。

 

私の知り合いに、幼児心理学を
研究されている方がいます。

 

その方曰く、
私たちは小さい頃に
お母さんから1日平均35回「ダメ!」って言葉を
言われているそうです。

 

褒められたりすることよりも
圧倒的に多いのがダメだし。

 

いつもされてきたことだから、
「おかしい」と疑問に思うこともなく
大きくなってからは
自分が自分にダメだしをするようになります。

 

じゃあ、お母さんが悪いの?ってそうではありません。

 

そのお母さんも、お婆ちゃんからダメだしされて
大人になりました。
そして、そのお婆ちゃんも、その上のひい婆ちゃんから
ダメ出しをされながら、大人になっています。

 

突然変異でダメだしされるように
なったわけではなく

 

ダメ出しをされながら育つ

 

というのが、繰り返されているだけ。

 

「だったら、みんなそうなんだから
ダメ出ししたまま生きていればいいやー」

 

と思うのも、オッケーだと思いますし、

 

「ダメ出しされてきたお母さんたちも
生きるのが大変だったろーな・・・。
だったら、私がその負のスパイラルを止める!」

 

とダメ出し、自分責めを止めるのもオッケー。
これ実際にやって気づいたことなんですけどね

 

私がダメ出しをやめれば、他人を含め
お母さんにもダメだしをすることをやめ、
結果的にお母さんからも他人からも
ダメだしされなくなります。

 

何が正しいか?ではなく、

自分がどうなりたいか?

 

が大切ですから♪
私は自信をつけて、一喜一憂しない楽しい人生を
送れるようになりたかった\(^-^)/
というだけなんですよねー^^

 

まとめ

ということで、
私自身が本当に自信をつけるために
やったこと。

 

そして、クライアントさんにもやっていただき
自信をつけていただいた方法の1つを
お伝えいたしました。

 

■自信をつけるためには 

何があっても、どんな時でも絶対にっ!!自分の味方になる。何があっても自分を責めず、ダメだししない。

そのためには「ダメだしなんてしてないし!」
「どうせしてるから、やりたくない」ではなくて、

「気づかぬ間にしちゃってることも、あるから気楽にやってみよう」


くらいに捉え、
ウィル・ボウエンさんが
推奨されているブレスレット、
または輪ゴム等を腕につけ

自分責め、ダメだしをしたら付け替える。
をやってみる。

その時も、ただ「やってるねー」と事実だけを
言葉にするだけで、

「だから、ダメなんだ!」と勝手に感想を言わない。

感想を言ってしまったら、「ほら、またやってるよねー!」
やってるという事実だけを冷静に観る練習。

それを続けた時に、どう思うか?
それでもまだ、自分責め、ダメだしをしたいと思うか?

やめようとなれば、続けることで
自信がつく方法の土台は出来上がるし、

やめずにこのまま行こう!
と続けて、不信のままいくのもあり。

 

もしわからないことや
気になることがありましたら、
LINEにメッセージいただけると、
48時間以内にお返事いたします。

 

「自信がない!」って思いながら、
苦しんだり、ガマンしたりしなくていいですよね♪

 

もう今、一喜一憂せず、自分らしくいられる
本当の自信つけちゃいましょ(^_−)−☆

 

この記事を書いている人 - WRITER -
キーワードを言うだけで、起こる現実が変わる!Voice Outを主催しています明石まりんです。 いじめ体験、親からのネグレクト、大病、精神疾患を経験。 25年かけ、どうしたら安心して楽しく心穏やかにくられるのか?を仮説→実験→検証→分析を行い、Voice Outを生み出しました。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ヴォイスアウト!公式サイト , 2019 All Rights Reserved.