申込み

思っていることを口に出すだけ! 脳科学と言霊の力で嫌なことがなくなり自信がついて世界一カンタンに幸せになれます

あなたが変わりたいのに、変われない本当の理由【保存版】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
キーワードを言うだけで、起こる現実が変わる!Voice Outを主催しています明石まりんです。 いじめ体験、親からのネグレクト、大病、精神疾患を経験。 25年かけ、どうしたら安心して楽しく心穏やかにくられるのか?を仮説→実験→検証→分析を行い、Voice Outを生み出しました。
詳しいプロフィールはこちら

「変わりたいのに、変われない!」
と思ったことはありますか?

 

私も、長年そう思っていました。
何が何でも変わりたかったから、
セミナーや本に投資してきたんですね。

 

きっとあなたも、そうではないですか?

 

そして、今までたくさん学んできているので
変わるための知識は既に持っていると思うんです。

 

変わるために必要だと言われていること

・自信をつける
・自分を好きになる
・人の目を気にしないでいられるようになる
・好きなことだけやる
・「ありがとうございます」を言う
・いつも自分を良い気分にしてあげる
・自分にご褒美をあげる
・自分を褒める
・良いことだけに目を向けてみる
・なんでもポジティブに考えてみる
・人の悪口を言わない
・地に足をつける
・1つのことを続ける
・両親やお世話になった人に感謝の手紙を書いたり、口で伝える
・できるようになるまで、やる
・できないこと、やったことないことに挑戦する
・頼まれたら嫌でも「イエス!」と言う
・逆に、嫌なことを頼まれたら「ノー!」と言う勇気を持つ
・瞑想する
・運動をする
・鈍感になる
・怒りなどのネガティヴな感情を感じなくする
・どんなことにも感謝をする

 


世の中では、
こんなことをすれば変わることができる
と言われいるんじゃないでしょうか?

 

なので、うちに相談に来る多くの方は
上に書いたようなことを、し続けていて

 

「それでも自信がないんです」

 

続けて

 

もうセミナーや本で10年くらい勉強してきていて、
どうやったら変われるか?の知識は十分にあるんですよ。
だけど、変われないから苦しいんです。

 

自信をつければいい、自分を好きになればいい
と言われても、そのやり方がわからないし

 

良さそうなことは全部やってきたけど、
続かないんですよね。
気づいたら、やめちゃってて・・・
だからダメなのかもしれませんけど・・・

とおっしゃるんです。
こういう状態が心理的にとても応えるんですよね。

 

解決できるであろう方法を知っているのに、
解決できないとなると、

 

「どうしたらいいんだよっ!」

 

と追い込まれいき、
半永久的な迷路に迷い込んだ気持ちになります。

 

私も数年前は同じように思っていましたよ。
けど、今はそうは思っていません。
それは、Voice Out理論を生み出せたから。

 

Voice Out理論を理解すると
全ての悩みがなぜ起こっているのか?
が明白になることで解決の糸口が見えるからです。

 

実際にVoice Out理論でお話ししている
変わりたいのに、変われない理由の1部分をお話ししますね^^

 

あなたが変わりたいのに、変われない理由の前に・・・

これから書くことは重要なカギになる1つ目です。

 

それは実は自己啓発本、引寄せ本には
階段を1、2段抜かしている書かれていない大切な内容が実は、あるってこと。

 

それはどういうことか?というと・・・

 

「自信をつけましょう!」とは書いてあるけど
具体的な自信のつけ方が書いていない。

 

「常に感謝をしましょう!」と書いてあるけど、
どうやったら、常に感謝をできるのか?の方法が書いていない。

 

「嫌なことがあってもポジティブに考えましょう」とあり
逆転の発想の方法は書いてあるけど、
「そう考えた方がいいのは、わかりましたけど
それでも、そうは思えないんですけど・・・」
という人のための方法は書いていない。

 

「執着を手放せば、願いは叶います」とあるけど
執着の手放し方が書いていない。

 

「1つのことを続ければ、自信はつきます」とあるけど
続ける方法は「とにかくやれ!」根性論だったりして
続けられない人が悪いみたいな書き方
されていることもあります。

 

けど、続けられないのには、続けられない理由が
あるわけです。
続けられない人が、どうしたら続けられるのか?
の方法は書いていない。

 

だから「変われないのは、自分がダメだから」
と思い込まされてしまう。

 

(あっ、これ批判や否定じゃないですよ。
客観的に分析をした事実です。
批判、否定と事実は、全く別ですからねー。)

 

これが階段を1、2段抜かしていることです。
わかりやすく言いますと・・・

 

本来なら、例えば
・自然に感謝をできるようになる自分
・自然とポジティブになれる自分


になる前に
著者は
やっていることがあるはずなんですけど、
本には、その方法が書かれていない。
「それは、どこに行っちゃったんだろう?」って思うんです。

 

うまく行っている人は、意識してるしていないに関わらず
この抜かされてしまっている、あることをやっています。

 

んで、それをしているから
頑張らなくても、努力しなくても自信がついています。

 

中には、感覚的にできてしまったから、
「みんなもそういうもんでしょー!」
って思っていて、抜かしている場合もあるかもしれませんが。

 

だけど、自信をつけたいあなたが本当に
知りたいことは、

 

「本当に自信のつく方法」
「無理やりじゃなくて、自然と常に感謝を出来るようになる方法」
「頑張らなくても、ポジティブになれる方法」
「執着を本当に手放せる方法」

 

など、じゃないでしょうか?
でも、本にはs書かれていないんですよね。
それには理由があります。

 

本当に変われる理由を教えない理由

ます、本を販売している
出版社は本が売れなければ、会社として存続できない。
これは、わかりますか?

 

どんなに良い本を作っても、
売れなければ、会社は潰れます。

 

だから、客観的な視点から判断をして
・売れそうな内容である本を出すこと
・みんなが目を引きそうなタイトル、表紙
を重要視しています。

 

ということですね・・・

 

出版社の方々は
【同じジャンルの売れている本の内容はどんなものか?】
を徹底的にリサーチし、それを本に取り入れます。

 

そして同じ本では、売れないから
そこに作者オリジナルの部分を入れる。

 

誰でも理解ができ、「すぐ実践できそう!」と思わせる
みんなが買ってくれるとってもカンタンで自分で
考えなくていい内容の本を作ります。

 

すると、中身が似てしまうんです。
でもそれでいいんですよね♪

 

すぐに理解してもらえるには、
他の本でも書いてあることを、また伝える方がわかりやすい。

 

新たな理論などを書いたら、
理解してもらいづらい=難しい
になり兼ねず、売れづらくなっちゃうってリスク。

 

それに本を読むのが好きな人は、沢山読みますよね?

 

その時に、何度も目にする言葉(=理解しやすい)
例えば「感謝をする」があると
「それは重要なことだからだ。出来そうなことならやってみよう!」
とも思う心理も誘導しています。

 

そして
何よりも力を入れるのは、タイトルと表紙!

 

私たちがいかに興味を持つか!?の
タイトルや表紙を考えるのに
実は1番!時間をかけていきます。

 

だって、売れることが大切ですから。

 

会社潰れたら生きていけないじゃないですもん。
「良いものを作りたい!」と理想を掲げて作っても
誰も見向きもしないものを販売し続けることはできないんです。

 

会社は、売上を作って国に税金を払うことで
貢献していますし、
働く人たちも売上があるから給料をもらって
生活できるんですから。

 

分析してわかった本とは・・・

 

売れるために、
みんなにわかりやすいことを書いてはいるけど、
正しいことを書いているわけではない。

 

これがわかっていないと、
「本に書いてあることは正しくて、出来ない自分が悪い。
やっても変われない自分は能力がないからだ。」

と思ってしまう構図ができるわけです。

 

変わりたいけど、変われない!と思っている場合は
まず、

 

「本には正しいことが書いてあり、それが全て!」

 

というこの思い込みを無くしましょう!!

 

元々マジメで、一生懸命で一途な性格で、
頑張ってきたあなただからこそ、
「変われないのは、自分のせい」と
思ってしまうかもしれません。

 

だけど、本当はそうじゃないんです。

 

あなたが変わりたいのに、変われない理由

あなたが変われないのは・・・
あなたがダメだからでも
能力がないからでも
続けられないからでもない。

 

潜在意識がどうとか、心が癒されていないからとか
そんなややこしいことじゃないんですよ。

答えは単純です。

 

【正しいやり方を知らないから、変われない】

 

それだけです。
折り紙で鶴を作ろうとしても、折り方を知らなければ作れない。
車を運転するのも、正しく安全に運転するために
教習所で習いにいきますよね?

 

もし、教習所に行かないで運転しようとすれば
アクセルとブレーキ踏み間違えて、大きな事故を起こすかもしれません。

 

あなたが変われる方法、自信をつけたいのであれば、
今まで知らなかった、正しい方法を理解しやってみること。

 

すると、確実に変われます^^V

 

まとめ

仮説 →本に書いてあることをやれば、自信がついて変われる!?

実験 →「ありがとう」「感謝」「ポジティブに変換する」「良いことを毎日3つ探す」等をやってみる。

結果
 →どれも途中でやりたくなくて、やめてしまったり、やっても変化を感じない。

分析
 →「自分の知識が足りないんじゃないか?」と思ったので、自己啓発本を書いている著者さんの同じ本を3冊〜5冊読む。
複数の著者さんで同じようにんで、3冊〜5冊読み、それぞれの著者さんが読者に伝えたいことは何か?を読み取ってみる。

 

仮説 →色々な著者さんがいる中で、「これが大切だ!」と言っていることをやれば、自信がついて変われる!?

実験
 →やってみる

結果
 →続かないし、変化も感じない。

分析
 →「沢山の著者さんが言ってることを続けられない私だから、変われないんだ」と自分を責める。けど、変わりたくてセミナーに行けば変われる!と思う。

 

仮説 →セミナーに行けば、変われる!

実験
 →セミナーに行きまくる。

結果
 →変わらないまま。そして、他に参加している人も私と同じ。

分析
 →「私も変わってなくて自信がないままだけど、他の人たちもみんな同じじゃん。ってことは、本当に変われる方法を教えてもらえてないから、みんな自信がないままなんじゃ!?」と、疑問に感じる。

 

仮説 →「知っている方法は試してきたけど、みんな変われてない。ってことは、他に方法があるはず!」

実験
 →他の方法を探すために、今までと違う分野の本を読みまくったり「ヒントがないか?」アンテナを貼り、知ったことを試してみる。

結果
 →確かな変化を3日以内に感じる。

分析
 →今までの方法が違っていたから変われなかっただけだったんだ。これはいい感じ!と思う。

※自分が変われても、人にも効果があるか?は自信がなかったので、公にするまでに数年かかりましたが、やっと自信を持って結果を出せるVoice Out理論が出来上がりました\(^-^)/

Voice Outを世に出すまでの葛藤

Voice Outってなに!?

この記事を書いている人 - WRITER -
キーワードを言うだけで、起こる現実が変わる!Voice Outを主催しています明石まりんです。 いじめ体験、親からのネグレクト、大病、精神疾患を経験。 25年かけ、どうしたら安心して楽しく心穏やかにくられるのか?を仮説→実験→検証→分析を行い、Voice Outを生み出しました。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ヴォイスアウト!公式サイト , 2019 All Rights Reserved.